一度きりの大泉の話/萩尾望都

書評などで何かあったことだけはわかったけれど、
萩尾望都・竹宮惠子先生とも名前を知っているけれどそこまで熱心に読んでいなかったので、書かれている話はどれも初めて聞いた話ばかり。

これから竹宮惠子先生の本を読むことになるのだけれど、お互いそうだろうなあと納得できる。
一度拗れたことは関係者が多いほど、簡単なことではないのでお互いに本当の事を話しているのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA